歓喜と戸惑いと

 なんということか…当サイトが「ライフハッカー日本版」に紹介していただいた(ここ)!。それがまた、(贅沢な話だが)微妙にトホホな感じなのだ。

 まず掲載してくれたことに関しては大・大・大感謝だ。最終的に何人の人が来てくれるのかわからないが、とにかく個人で宣伝できる限界などたかが知れてるから、予想外のロケットスタートを切ることができたことには感謝の念に堪えない。

 今回の掲載に当たっては、実は自分でネタの売り込みをしている。想像するに、編集部では当サイトを訪問してくれたものの、中身が薄くて1本の記事に値しないと思ったのではないだろうか。それで似たような海外のサイトを検索し(あるいは知っていたか)、当サイトを引用という形で紹介してくれたのではないだろうか。これもスゴい。私もダブルストラップスタイルのサイトを作る前には、タイトルや画像で前例がないか一通り検索していたつもりだったが、紹介されているサイトは知らなかった。


 それでは「トホホ」の部分はなにか?それはメインで紹介された「Build A Laptop Backpack For Travel」が私が微妙に避けたかった部分、もっと言えば「これはやめときたい」と思う部分をズバリとやってることなのだ。
 それは、
・2つのストラップを同じ幅、同じ長さにして背中の中央に背負うこと
・つまりストラップを使ってバックパックの代用品とすること
の2点だ。
 
 なぜこの2点を避けたかったかというと、まず見た目の問題がある。私はスーツ、あるいは学生服をまず最初に想定したが、スーツにバックパックという組み合わせが苦手なのだ。3wayのビジネスバッグは許容範囲だが、それはきちんとビジネス用に計算されているからであり、登山・ハイキング用のバックパックを代用するのとは違う。同じように、ストラップを追加することでそのバックパックのさらに代用というイメージを与えてしまうのは、二重の意味で避けたかった。

 

 だから当サイトでは、追加のサブストラップに細目の長いサブストラップを付けることで、ショルダーバッグはショルダーバッグの見た目のまま、人に会う時や電車に乗る時は、その場に応じてサラリと付けたり外したりして使えるスタイルにしたかった。誰にも気づかれず、それでいて行き帰りの通勤・通学時にちょっとしたウォーキングになる、そんなライフスタイルを提案したかったのだ。このサイトのタイトルが『ダブルストラップ"スタイル"』なのも、そういった理由である。

 当サイトはできたばかりで、これからあちこち手直ししたり、これから写真を差し替えたりすればいいやと思っていた。同時に本文も少しずつ追加していって、どうしてアシンメトリーでいいのか、ストラップの長さが違っても効果はほとんど同じなのかを解説してゆく予定だった。それが予想外に早く掲載してくれたので、何一つ間に合わなかった。後悔先に立たず、きちんと用意しておかなかった自分が全部悪い。ただ、全部きっちり揃えようと思うといつになってもスタートが切れないというジレンマがあった。

 最終的に提案したいのは、代用品としてではないオリジナルのサブストラップで、その形もおぼろげに見え始めているけど、そこに到達するまでにはまだ越えなくちゃいけないハードルが沢山あって、時間も手間暇も掛かりそうだ。

 なので、ここを訪れてくれた人には、せっかく来てくれたのに中身がなくて失望させてしまったと思いますが、もしもほんの少しでも興味を持ってくれたなら、もうちょっとだけ長い目で見てもらえると嬉しいです。まだまだここは進化してゆきます!

 

 

 

What's New!

 

2011.06.02 オープンしました。 

2011.10.19 ブログを更新。

2011.07.12 にほんブログ村に登録